2017年08月16日

広瀬すずのウェイトトレーニング姿に「細いのに!すご!」(写真あり)

1: ニライカナイφ ★@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 17:12:38.27 ID:CAP_USER9.net

女優の広瀬すず(19歳)が8月4日、自身のInstagramで、トレーニングに励む様子を動画で公開。
ファンの反響を呼んでいる。

広瀬はこの日、「今日も滝のような汗を。。苦手な物をクリアするのはとっても気持ちが良い」とのコメントと共に、バーベルスクワットをしている動画を公開。
その重量については「#これは何キロだったかな #30キロくらいあった気が」と明かした。。

これにファンからは「すずちゃん凄い!」「凄いカッコいいです!」「ほんとにストイックで尊敬する」「努力されてるんですね」「細いのに!すご!!」などの声が寄せられている。

写真:http://cdn.narinari.com/site_img/photo4/2017-08-05-175732.jpg

http://www.narinari.com/Nd/20170845127.html

★1:2017/08/05(土) 20:14:25.65
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1501931665/


続きを読む
posted by まだおっち at 20:00 | Comment(0) | 芸能人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年08月14日

<日本人は、なぜウェイトトレーニングを毛嫌いするのか?>最低限の筋力・体重を増やし身につけることは必要不可欠

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/08/04(金) 18:19:56.92 ID:CAP_USER9.net

「柔よく剛を制す」という言葉は、多くの分野に浸透しています。日本人は、小兵が大柄な選手を倒す姿に美しさを感じることが多いようです。

例えば、それは「平成の牛若丸」と呼ばれた元・舞の海関(現・舞の海 秀平氏)の現役時代の人気ぶりにも現れているでしょう。

しかし、「柔よく剛を制す」とは万能なのでしょうか? ウェイトトレーニングで身につけた筋肉は、役に立たないのでしょうか? トレーナーであるFR氏にお話を伺いました(文:FR[ブロガー])。


「体幹トレーニングも重要だが、ウェイトトレーニングも重要だ」ということは、前回のコラムでもお伝えした通りだ。 

サッカー用の体幹トレーニングに関する資料・情報であれば、メディア・書店など多方面でまとまった形のものを目にする。一方で、サッカー用のウェイトトレーニングについての資料や情報は、断片的に散らばりがちな傾向がある。 

その理由は、国内サッカー界において体系的かつ組織的なウェイトトレーニングの指導体制が整っていないこと、そして事実とは異なる誤ったトレーニング情報(都市伝説)が多く広がってしまっていることが挙げられるだろう。 

その結果、学生はもとよりプロ選手でも、ウェイトトレーニングの基礎ノウハウを驚くほど欠いてしまっているケースが多いように感じる。そこで今回は、その散らばりがちなサッカー分野のウェイトトレーニングについて考察していきたい。

欧州サッカーでは、10代後半頃から本格的なウェイトトレーニングを開始し、選手の基礎筋力の向上を図るのが一般的だ。なお、ここで言う「本格的なウェイトトレーニング」とは、ビッグ3と呼ばれるベンチプレス、デッドリフト、バーベルスクワットおよび、瞬発力を爆発的に高めるハイクリーン等のクイックリフト種目を中心に据えたトレーニング計画を指す。 
  
一方、日本サッカーでは、この年代の選手は様々な理由で「無駄な筋肉をつけてはいけない」と周りの人間に助言され始める。ジムや栄養サポートなどハード面でのトレーニング環境も十分には整っていないため、同年代の欧州選手のように鍛える機会は乏しく、多くの選手がその空気に流されてしまい、全体レベルとして彼らの基礎筋力は底上げされない傾向にある。 
  
この点に関して「日本人は、筋肉が増えにくい体質だから仕方ない」と、まことしやかに語る者も少なくない。しかし例えば日本の高校・大学ラグビー選手らが、欧州プロサッカー選手を超えるほどの基礎筋力を身につけている現実を踏まえれば、「日本人は筋肉が増えにくい」という主張が事実に基づかない偏見であることは、もはや明白。人種の違い云々の話ではなく、ただ単に「本気でやってるかやってないか」の差でしかないのだ。 
  
ところで、運動生理学のトレーニング五大原則の1つに「漸進性の原則」というものがある。これは、一定期間トレーニングを続けて体力・筋力が一定水準に達すると、同じ負荷のトレーニングでは効果を得られなくなるため、継続的に負荷を上げていく必要があるというものだ。つまり筋力・筋肉を増やすには、この原則に則って段階的にトレーニング強度を上げていくしか方法はないのである。 
  
しかし日本サッカー界では、負荷をそのように段階的に上げていく意識は、概ね低い傾向にある。たとえば先日の天皇杯において、フィジカル強化した筑波大学の選手が現役Jリーガーを相手にコンタクトプレーで圧倒し、ジャイアントキリングを果たした試合等は、まさにその象徴的な事象と思われる。端的に表現すれば、それは「フィジカル強化に対する意識と努力の差が結果に表れた」とも考えられるのではないか。

つづく

8/4(金) 11:30配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170804-00010000-victory-socc

2017/08/04(金) 12:50:45.25
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1501818645/


続きを読む
posted by まだおっち at 20:00 | Comment(0) | 筋トレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年08月13日

84kgが久々に筋トレして見たんだが...

1: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/08/05(土) 11:43:36.38 ID:Ga4t0lZI.net

1日目:腕立て伏せ10回、腹筋20回、スクワット20回、体幹30秒で満身創痍

2日目:全身筋肉痛で腕立て伏せ3回で満身創痍

だから嫌なんだけど
なんか筋肉痛にならんいい方法ないか?


続きを読む
posted by まだおっち at 20:00 | Comment(0) | 筋トレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年08月12日

高身長だと華奢にはなれない?

1: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/07/25(火) 21:30:26.48 ID:q/MUkFn+.net

170cmあって今52kgくらいだけど全然華奢に見えません。。。
やはり華奢になれる子は低身長女子?!


続きを読む
posted by まだおっち at 20:00 | Comment(0) | 体型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする